基礎化粧品は順番が大切です

さて、基礎化粧品というのは、主に洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームなどをいい、皮膚を健康な状態にし、肌質を整えることを目的とした化粧品のことをいいます。つまりスキンケアのための化粧品ということになります。

これに対して、ファンデーションや口紅などをメーキャップ化粧品といいます。

基礎化粧品を使うときには、使用する順番がとても大切になります。

というのも、基礎化粧品はそれぞれ肌に対する効果に違いがあり、それぞれの目的に合わせて順番に使用することで効果を発揮するからです。

まずはクレンジングと洗顔で、化粧と皮膚の汚れを落とします。

その次に化粧水です。洗顔した時に汚れと一緒に肌の保湿成分も流れてしまうため、それを補うことが目的です。

化粧水は洗顔の直後にすぐに使用することが大切です。

化粧水の次は美容液です。

美容液は、美白や保湿などの目的に合わせたものを気になる部分に使うことで、集中的にケアします。美容液は必ず必要というわけではなく、目的に合わせて必要なら使用すればいいでしょう。

そして、乳液です。乳液は化粧水で得た水分の蒸発を防ぎ、適度な水分と油分を補う目的で使用します。

最後はクリームです。

クリームは油分が多く配合されているので、ここまでのスキンケアでは補いきれなかった栄養分を補い、ここまでの有効成分を肌に浸透させやすくする目的で最後に使用します。

このように、基礎化粧品はそれぞれの効果が違うので、目的に合わせて順番に使用することが何よりも大切となります。c-hr 総額

女性には必需品の化粧品ではあるが

ここ最近の化粧品業界というのは変化の激しい世界です。この業界で仕事をする人達はお客様のニーズの変化や販売経路の変化、化粧品メーカーの変化といった様々な変化に敏感に対応しなくてはなりません。

不況の影響を受けにくいと言われる化粧品業界でも、長引く消費低迷や少子高齢化の影響を受け、日本の化粧品出荷額は横ばいで推移しています。

それでも、女性にとって化粧品はなくてはならないものですし、不景気で女性が仕事をする率が上がれば、化粧品の使用率も上がります。

昔は一本数万円もするような美容液やクリームが売れたものの、今の景気では価格の安い化粧品が圧倒的に売れています。また、肌に優しいなど消費者に分かりやすい特徴のある化粧品も人気があります。

結果として化粧品自体の単価は下がっているものの、化粧品は売れていて結果的に横ばいが保たれているというのが、今の化粧品業界の状況です。

現在の化粧品業界を引っ張っているのは、資生堂と花王だといえると思います。

売上高ではこの2社が他社を圧倒しています。それでも、この2社を始め多くの化粧品会社が海外に販路を求め、特に中国はその市場の大きさから、多くの化粧品会社が進出しています。こちらからご覧ください

炊飯時に入れるだけで栄養アップな注目の食材

ここ最近注目されている食材は、「ソルガムきび」と言う食材でアメリカでは、とうもろこし、大豆、小麦に続く第4の穀物とまで言われているそうです。

「ソルガムきび」はイネ科の穀物でグルテンフリー食材なので、小麦アレルギーの人でも摂取できるらしいです。

「ソルガムきび」の中でも無味無臭で食べやすい「ホワイトソルガムきび」と言うのは、日常生活で不足しがちなミネラルや食物繊維が豊富に含まれていて、鉄分は白米の約4倍、マグネシウムは約5倍も摂取できるそうです。

ごはんと一緒に炊くだけでも栄養アップということですが、無味無臭なので他にも色々な料理に応用できそうですね。

ちなみに、炊き込みご飯やピラフなど、ご飯ものに、揚げ物の衣に、グラタンもホワイトソースに、タルトやクッキーになどが紹介されていましたので、簡単なものからちょっと試してみたいですね。中古車買取

これは漬物になるのかな?

先日ものすごくショックな事があったんです。

友人と居酒屋に行ったんですが、そのときに漬物の3種盛りを注文したんです。

大体の居酒屋で漬物を頼んだら、きゅうり、白菜、なす、たくあん、かぶとかが入ってますよね。

でも、そこの居酒屋は違ってたんです。

この定番漬物のうちのどれも入ってないんです。

入ってたのは安いお弁当を買った時に端っこの方に申し訳なさそうにある細いやつだったんです。

何て名前のか知らないけど、それが3種類で3種盛り。

叫びたくなりました。

てか、逆にあまりのクオリティーの低さにちょっと笑ってしまいました。

他にもそこの居酒屋の料理は結構最悪でした。

炒め物なんかも家で自分で作った方が美味しいんじゃないのって感じです。

カラ揚げだったら冷凍食品を揚げるだけだからどこでも美味しいだろうと思って注文してみると、冷凍は冷凍でもこれまたマズイ。弁当用なの?と思えるカラ揚げが出てきました。

揚げずにチンですか・・・?ヘルシーかもしれないけど・・・

もうそこの居酒屋には二度と行きません。

まとめ買いがお得?定期がお得?

大量に使うとわかっているものって、まとめて買った方がお得になることが頻繁にありますね。

例えば、2つ、3つ買うと○円引きみたいなのって日常的ですよね。

ネットに関して言えば、まとめ買いすると送料無料になる場合もあるので、ついついまとめて買ってしまいます。

食品なんかは賞味期限などをしっかりチェックしておかないと失敗しますけどね。

まとめ買いはダイエット食品などもよくやりますね。

特に、体にいいとわかっているけどちょっと高いもんな~ってやつは、定期にしたりまとめ買いにしたりすると単価が下がる事が多いですよね。

最近注目しているお野菜パワーたっぷりの酵素ドリンクである酵素八十八選はまとめて買うのがやはりいいみたい。

体にいい物はやっぱり続けなくちゃダメですからね。

お漬物ももちろんパワーたっぷりで体にいい乳酸菌とかが入ってるけど、それだけじゃ体には栄養が足りません。

ダイエットのためではなく、私は体にいいものとして少しずつ飲み続けようと思っています。

でも、お通じがよくなってきているみたいなので、もう少し増やしてみてもいいかなぁって。

定期コースでもかなりお安くなるみたいなので、まとめ買いか定期か悩んでいますけど。

一度くらい定期にして、合わなかったらまとめ買いにもどそっかな。トールを安く買う方法

シミ対策は18歳から始めた方がいいね

「しみ」というのは、若い頃から徐々に身体に蓄積されたメラニン色素が、加齢とともに色素沈着を起こしてできる場合が大半で、40歳前後くらいから出来やすくなります。
しみができる原因は様々あると言われますが、約80%は紫外線が原因であり、その他には、加齢による代謝の低下やホルモンバランスの崩れ、睡眠不足、精神的ショックなども原因とされています。

若いうちはあまり関係ないと思う人もいますが、とんでもない!

肌の老化は25歳くらいからと言われますが、成長期が終わる18歳を過ぎると老化は始まっているのです。18歳から徐々に老化し始めた肌が、25歳くらいから目に見えて衰えてきて、40歳前後になるとしみが目立ち始めるということなのです。

そのため肌の老化が始まる18歳から、お肌をケアしていくことがとても大切なのです。

シミ対策には、まずはしみを作らないようにする予防と、出来てしまったしみを消す治療の2つがあります。

予防策としては、とにかく紫外線対策をすることです。紫外線は強さに差はあっても1年中降り注いでいます。日焼け止めクリームを塗ったり、帽子や日傘での日よけは基本であり対策としては最も効果的なのです。

現代の治療では、出来てしまったしみを消すことはそれほど難しくないと言われています。

治療方法には、塗り薬、レーザー治療などがありますが、しみの原因によっても治療方法が変わります。

ビタミンC・Eの摂取や美白化粧品などによるセルフケアで改善がない場合には、皮膚科専門医に相談することをおすすめします。新型ヴォクシー口コミ

大根葉をアレにつけるんだって

この間、知り合いのおばあちゃんがタケノコの煮つけをくれました。

その時に、高菜の漬物みたいなのも一緒に頂きました。

それを他のおばちゃん達と一緒に食べたら、タケノコの煮つけもおいしいんだけど、その漬物がもの凄く美味しくて。

「おばあちゃん高菜おいしいね~」って言ったら、「これ大根の葉よ」だって・・・。

なんと大根の葉を、たくあんつけた汁に一緒につけておいたんだって。それでこんなに美味しくなるんだぁって感動しました。

でもね、家でたくあん漬けてないもんね・・・。

どうしよか・・・。

そこで思いついたのが、たくあんを丸ごと一本買ってきて、その残りの汁に漬け込むっていうアイデア。

ナイスな考えでしょ!!

早速、できるだけ汁がいっぱい入ってるのたくあん1本を買ってきてチャレンジ。

やってみた結果、思った通り美味しくできました。

大根の葉って今まで色々やってみるけど、コレ!!っていう調理法が見つからなかったので凄くよかったです。

おばあちゃんの知恵袋的な感じで、お年寄りの友達って意外と必要ですね。

有害でもあり有益でもある紫外線

さて、しみやしわができる大きな原因の1つともいえる紫外線。

最近では紫外線による日焼けやしみ・しわへの影響に対する意識も高まり、日焼け止めクリームや日傘などの使用で紫外線を防止する人が増えてきました。

紫外線は、これらの影響だけでなく時には腫瘍や白内障をも引き起こしてしまい、一般的に悪者扱いされることが多いですが、殺菌消毒やビタミンDの合成を促すなど良い影響も与えているのです。

そもそも紫外線とは何かというと、太陽の光に含まれる光線の一種です。

太陽の光には、熱として感じる赤外線と、目に見える可視光線、そして感じることも見ることもできない紫外線の3種類があります。

そのうち紫外線はわずかに6%程度です。ですが、このわずかな紫外線が良くも悪くも人体に大きな影響を与えるのです。

紫外線は波長の長さによってUVA、UVB、UVCという3つに分かれますが、このうちUVCが地上に届くことはほぼありません。地上に届く紫外線のうち99%がUVAであり、サンタンと呼ばれる数ヶ月続く黒い日焼けの原因となりますが、長時間浴び続けなければ有害ではありません。一方、UVBはごく一部が地上に届くだけなものの、皮膚や目に有害なため色素細胞が防御反応をおこしメラニンを生成します。これがサンバーンといわれる赤い日焼けを起こすほか、シミなどの原因にもなり、皮膚がんの原因ともなるのです。

紫外線は美容と健康にとってなくてはならないものであり、有害なものでもあります。

紫外線対策をしつつ、うまく付き合っていくことが大切なのです。

ビールとパン粉であれができる裏技?

聞いたところによると、ビールとパン粉で糠床が作れるらしいですね。

正確に言えば「ぽいもの」になるんですが・・・。

海外生活でどうしても糠漬けを食べたい人がこの方法を考え出したのでしょうかね。

そこで、ネットでググってみたら、パン粉ではなく食パンを使う方が一般的な方法のようでした。

食パンを細かく刻んでビールと塩を入れて・・・。しかもすぐには食べられないんだそうですよ。

同じように糠床を熟成させる必要もあるんだそうです。

ちなみに某有名な知恵袋にあった情報では、熟成させる手間を省くために酵母が生きているというビールとイーストを使うという情報も。

確かに、それ使った方がすぐに食べられてよさそうですね。

くず野菜をちょこっと漬けるような感じなので、あまり大量にはいらないから大きめのタッパー位でいいのかな。

色々試してみて、一番簡単で一番美味しいものを見つけるのがいいかな。

糠漬けは絶対に糠床でなければならない、という考えは特にはないので、パンバージョンのパン床が美味しければそれでもいいと思いますよね。

まあ、一度作って食べてみないとね。

糠漬けにしておいしい野菜は、やっぱりなすやにんじんあたりになるのかな。

料理に使った残りを少しずつ漬けてみようと考えています。

自己破産手続きを行う際に・・・

さて、突然起こるかもしれない自己破産

もしあなたが自己破産の申立てを実行したとしても、裁判所から家庭に直々に事実関係の報告などがなされることはありません。

だから家族に発覚してしまわないように、内緒で自己破産の申立てが可能だと思ってしまうかもしれません。

しかし実際には、自己破産手続きを行う際に司法機関などから同居の両親や兄弟などの収入を記載した書類や預金通帳のコピーなどという証明資料の届出を有無をいわさず要求されるといったことがあります。

また、借りたところから家族や親類へ催促が来ることもあるので、近親者に明らかにならないように内緒で自己破産申立てを行うことができるという100%の確証は得られないといえますよ。

みなさんお金は大事にしましょう。